正しい塗り方で効果UP!チャップアップの上手な塗り方とは?

チャップアップの塗り方は簡単ですよ。塗り方のコツや注意点を解説していきたいと思います。
CHAPUP_koushiki005

チャップアップの簡単な塗り方

1、まずは頭を洗います。
皮脂や整髪料などが残らないよう洗います。皮脂や整髪料が残っているとしっかり浸透していきません。

2、ドライヤーでしっかり乾かします。
チャップアップは従来の育毛剤のように髪が濡れた状態でないと使えないなんてことはありません。しっかり乾かしてちゃんと有効成分が浸透するようにします。無添加低刺激のために髪が乾いた状態で使うことができるのがチャップアップのいいところです。

3、チャップアップを塗布。
約30プッシュが目安です。この際気をつけなければいけないのは毛髪ではなく頭皮に塗るということ。意外と間違いがちなのですが頭皮の毛穴に浸透させるように塗りこみましょう。多少垂れてくるので注意。

4、しっかり乾かしましょう。
数分置いてしっかり浸透させてから、ドライヤーで乾かしていきます。髪の毛が濡れた状態は実はよくありません。髪の毛がダメージを受けやすいですし、頭皮も蒸れがち。チャップアップが頭皮に行き届いたらしっかり乾かしていきます。

5、完了です!
これで完了。夜ならばそのまま寝るのですが、朝の場合は整髪料などをつけて大丈夫ですよ!

チャップアップを塗る時間は何時がオススメ?

髪の毛が増える時間帯は22時から2時です。いわゆるゴールデンタイムと呼ばれているこの時間。
毛乳頭細胞が一番活発に動けるようになるのが、この22時から2時の時間帯。これは毛髪だけではなく、体全般に言えることです。一度試してみるのがオススメなのですが、22時から2時の時間帯が一番深い睡眠を得られます。この時間は体が休んでしっかり力を蓄えようとしている時間なんですね。

ですので夜10時までに付け終えるのが私個人のオススメです!

低刺激だからチャップアップの塗り方は簡単!

CHAPUP_koushiki003
たとえばタオルなどでもそうなのですが、乾いた状態であるほど浸透しやすいのは当たり前ですよね。チャップアップは無添加低刺激であるため、乾いた毛髪や頭皮につけていきます。

従来の育毛剤であれば、髪が濡れた状態でつけていくのですが、これは刺激が強いためです。有効成分だけではなく、アルコールや薬品など直付けするとダメージがのこる処方だったからです。

チャップアップであれば頭皮に優しい成分だけで構成されていますので、乾かしてから付けても大丈夫です。

もともとはクリニックで使われていたチャップアップ。高い評価から一般販売へとなったのですが、髪に優しい成分だけで出来ているのが驚きです。公式サイトではかなりお得な割引もされていますのでぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

まさかの56%off!チャップアップを1番お得に買える販売店とは?

チャップアップを最大56%offで購入できるお得な販売店の紹介です。

値引きだけではなく、中身がわからないように梱包してくれたり、特典がついていたりと嬉しいサービスが満載です!

こちらのページで紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。